工務店のメリット・デメリット

工務店で家を建てるメリット

工務店で家を建てるメリットは、安さと自由度の高さです。大手ハウスメーカーと違い、工務店が住宅展示場にモデルルームを出していることは少なく、CMもやっていない場合がほとんどです。そのため知名度は大手ハウスメーカーに劣りますが、その分建築費用に余計な広告費や営業費がかからず、費用が抑えられます。また、大手ハウスメーカーでは自由設計と謳っていても設備、間取りなどいろいろな制約があることが多く、個性的な要望は叶えにくい傾向にあります。それは設備を揃えることで材料費を安く抑えていたり、ある程度標準的な間取りにすることで職人の技術の平準化を図っているからです。しかし、工務店ならハウスメーカーよりも制約が少ないので、施主の希望に沿った設備や間取りをゼロベースで検討することができます。

工務店で家を建てるデメリット

工務店で家を建てる場合、自分に合った信頼できる工務店を見つけることが大切ですが、そのような工務店を見つけるのに苦労します。モデルルームもないことが多く、そもそも地域にどのような工務店があるか知らないことが多いので、知り合いやインターネットから情報収集する必要があります。また、大手ハウスメーカーでは経営基盤が安定していますが、工務店の規模は小さいので、最悪の場合倒産の可能性も考慮しなければなりません。家を建ててる最中に倒産しないのはもちろんですが、家を建てた後のアフターサービスもしっかりとしてもらう必要があるので、これから長くつき合える工務店かどうかを確認するためにも工務店の経営状況も確認しておきましょう。

分譲住宅とは、広大な区画整理された土地にいくつも建てられ、土地と併せて販売されている住宅のことを指します。