自分の希望を実現!自由度の高さ

自由度の高さが注文住宅の最大のメリット

注文住宅のメリットは多数ありますが、その中でも最大のメリットが自由度の高さです。建築基準法の範囲内で設計やデザインを自由に決めることができます。家を建てる土地選びから、木造と鉄骨造のどちらにするか、各部屋の間取り、外観と内装のデザイン、台所や風呂の設備などを専門家と相談しながら全て自分で指定することが可能です。もちろん建築の依頼先も大手ハウスメーカーや工務店、設計事務所の中から自分の希望に合うものを選ぶことができます。また、近年では耐震性や耐久性、省エネ性を重視する人が増えています。それらを特に重視したい場合にも、注文住宅なら思う存分追求できるので最適です。このように、注文住宅ならまさしく自分の理想の家を実現できるといえるのです。

自由度をどこまで追求する?

設計やデザイン、内装の選択に関する自由度の高さが注文住宅最大のメリットですが、その反面、全て自分で決めていくとなると手間がかかり、面倒ということにもなりかねません。なので、注文住宅を建てる際には、どこまで自由度を追求するかという判断が重要になってきます。手間や時間がかかってもいいから、細かい部分まで思う存分自分の理想を実現したいという場合には特に問題はありません。一方で全部を決めるのは面倒だという場合や完成までの期間を短くしたい場合は、ある程度自由度を制限し効率化した上で、どのような家を建てるか決めていくことになります。また、建築の依頼先は、このような自由度の違いによって選ぶ必要があります。自由度を優先して理想を追求するなら設計事務所に依頼することになり、自由度を制限して効率化したいなら大手ハウスメーカーになります。

建売住宅とはハウスメーカーがあらかじめ建築し、完成した後に売りに出す住宅のことです。注文住宅と異なり間取り等を自由に選べませんが、「建ててみたらイメージと違った」というトラブルを避けられます。