大手ハウスメーカーのメリット・デメリット

住宅展示場などで流行りのデザインを紹介してもらえる

大手のハウスメーカーで注文住宅を購入する場合には、契約前に各地の住宅展示場などで、様々な知識を持つ専門のスタッフに流行りの住宅のデザインについて詳しく教えてもらえるというメリットがあります。また、ハウスメーカーによっては見積もり額をすぐに知らせてくれるところもあり、コストにこだわって依頼先を選びやすいというメリットがあります。最近では、住宅の購入希望者を対象に、土日祝日や夜間などの相談対応が行われているところも増えており、住宅の購入資金について悩んでいるときにもすぐに有意義な助言をもらうことができます。その他、大手のハウスメーカーは、住宅購入後のアフターフォローがしっかりとしているところも多く、定期点検やリフォームの対応も万全です。

規格外のデザインを選ぶ際に購入価格が高くなることもある

大手のハウスメーカーは、長年の実績を通じて注文住宅の規格を持っているところが多く、木材の種類やパーツを画一化することでコストの安さを実現しているところが目立ちます。そのため、一からデザインにこだわって注文住宅を造りたい場合には、ハウスメーカーによって追加料金が発生したり、希望通りの対応をしてもらえなかったりするケースもあります。そこで、理想的なデザインの住宅を建てるために、各地で評判の良い工務店や設計事務所と業務提携を行っている大手のハウスメーカーを選ぶことがおすすめです。その他、デザインにこだわるほど住宅の購入価格が高くなる傾向がありますが、将来的な住宅ローンの負担を軽くするうえで、早めに信頼できるハウスメーカーの担当者に予算を伝えておくことが大切です。

一戸建ての住宅のメリットは、アパートと比べ、家の音が周囲にどのように聞こえているかを気にしなくてよくなることです。