予算の調整ができる

建売住宅の予算に関する事情は?

注文住宅の場合と比較するために、まずは建売住宅の予算に関する事情を見てみることにしましょう。一般的に建売住宅は価格面では注文住宅より割安であると言われます。これはどういうことでしょうか?建売住宅を購入する場合は、土地と建物がセットで完成しているものの中から、自分の予算に合わせて選ぶことになります。似たタイプの住宅を大量に建てるため、資材のコストや設計などのコストが削減でき、割安に建てることができるというわけです。割安ではあるものの、購入者としては既に完成している住宅につけられた固定価格を受け入れることしかできません。例えば、内部を一部入れ替えて安くするといったことはできません。これは、予算の調整という意味で注文住宅の場合とは正反対の状況と言えます。

注文住宅ならこだわりに合わせて予算調整可能

注文住宅は建売住宅より価格自体は高くなることが多いのですが、もう少し詳しく状況を見てみましょう。注文住宅は、設計・デザインから資材・設備に至るまで全て自分で選ぶことができます。なので、資材や設備などに関して、自分のこだわりがある部分には高価なものを使って予算を多く使い、こだわりがない部分にはグレードを下げたものを使って費用を抑えるというように、メリハリの利いた予算の使い方ができます。つまり、注文住宅の場合は価格が高くなる傾向があると言っても、効率的な予算配分が実現できるということです。建売住宅の場合には完成したものを買うことしかできないので、価格自体が割安でも予算配分は効率的とは言えません。このような予算調整の自由度は、注文住宅を選んだ場合の大きなメリットと言えるでしょう。